• InternViewとは
  • 掲載のご案内
  • インターン生紹介
  • インターン生募集
  • 【志望業界、絞りたい?】迷っている人のヒントになるかも!向き不向きよりご縁?

    記事概要:

    企業研究を進める中で、まだまだ自分がどんな世界に進みたいのか迷っている学生さんも多いのでは?社会の先輩って、どうやって今の仕事に出会ったんだろう?人材業界で22年働き続ける森本様にそのヒントを伺いました!

    InternViewの本日の突撃訪問者は・・・

    株式会社アンビション

    株式会社アンビション
    ホームページ:http://www.ambition-net.com/
    アクセス:〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-1000号 大阪駅前第1ビル10階11号
    役職:インターンバイト事業部 責任者
    森本英史(Morimoto Eiji)

    経歴:大学卒業後、大手求人広告会社に就職。16年間、関西圏での営業の仕事に携わる。リーマンショックの影響を受け、転職活動中に株式会社アンビションに出会う。現在は有給インターンシップ専門サイト「インターンバイト」の事業部責任者として普及に取り組んでいる。

    やりたいことってそう簡単に見つかるもんじゃないよ…

    前回の記事はこちら!:【インターンバイト、見てみませんか?】事業部責任者が有給インターン専門サイトに懸ける思いとは?

    突然ですがみなさん、志望業界ってどうやって絞るんですか??

    こんにちは、人生初の将来の夢はトマトになることだったトマトこと開發です。

    残念ながらトマトになれそうな業界は見つけられなかったので別の業界を希望したいのですが、いかんせん絞れない…。

    何が自分に向いているんだろう?どんなことで力が発揮できるんだろう?

    社会の先輩方って、どうやってその仕事を決めたんだろう…??

    求人業界で22年もキャリアを積み、日々生き生きと働いていらっしゃる森本様にお話を伺いました!

    色んな会社を見られるのは就活生の特権

    開發:森本様ご自身は、業界を決めるにあたって、どのような感じでお決めになられましたか?

    森本様:僕の場合は、就活のときに業界を絞れてなかったんです。逆に、就活を行うことが業界について学べるチャンスかなと思って活動していました。

    色んな企業に入って情報を集めることができるのって、この就活の時期だけの特権じゃないですか。

    開發:本当にそうですね!

    森本様:とにかく色んな業界の色んな方の話を聞きたいと思って、どこかの業界に特化せずに探していましたね。

    僕らの頃はインターンシップとかは多くなかったので、色んな先輩に話を聞いてまわったり説明会に参加したりする中で、人材の業界に興味を持ったんです。

    求職者、企業、求人メディアの三者がみんな幸せになれる流れのことを「ハッピートライアングル」というんですが、ある先輩から聞いたその言葉に感銘をうけました。

    採用のお手伝いをすることで仕事を求めている人がかけがえのない職場に出会えますよね。そして企業は雇用した良い人材が成長することで事業が成功する。

    するとまた新しい支店を持ったり新しい人を採用したりできる。そうしたらまた採用のお手伝いに携われる。

    僕もこのようなポジティブな流れを作りたいと思いました。

    開發:成功を作ることでどんどんプラスに展開していくんですね!

    森本様:そしてなによりも求人メディアの仕事はお客様の対象が一つの業界ではなく、全ての業界になるんですよね。

    例えば、食品業界やったら食品の小売店や飲食店舗がお客様先になり、それ以外の取引先はあんまりないですよね。

    でも求人メディアは人を採用していれば大手企業から個人商店まで規模や業界を問わず全てが対象になるんです。

    開發:業界のことは気にしても、就職してから自分がどのような業界と関わっていくのかということは深く考えたことがありませんでした。

    森本様:今の学生にはとにかく色んな業界を見て、調べてみてほしいです。

    今は有給のインターンシップが徐々に増えてきているんで、ただ単に会社の説明会とかに行くだけじゃなくて、実際に就業体験もして自分のやりたいころや自分に合う企業を見定めていってほしいです。

    僕らの時代に長期のインターンシップがあれば、やってみたかったなと思いますね(笑)。

    学生時代のご縁は財産

    インターンバイト:森本様

    開發:色々なところを見る、ということがキーワードなのかなと思いながらお聞きしていましたが、就活に限らず学生時代にやっておいてよかったなと思うことはありますか?

    森本様:僕自身がそんなにできていたかは怪しいんですけれど、とにかく色んな人とコミュニケーションを取れる場に参加することは大切だと思いますね。

    それは人によってインターンシップなのかもしれないですし、学校で言ったらサークル、クラブ活動、学生団体に参加するとか、挙げだしたらいくらでもあると思います。

    そこで出会った仲間はゆくゆく就職してからも何らかの縁でまた再開したり、仕事につながったりすることもあります。

    僕やったらサークルの先輩と仕事が生まれたり、今でもなにか困ったことがあったらヒントをもらったりしています。

    開發:ご縁があって長いお付き合いをされているんですね。

    森本様:そういった「人との縁」は今後の人生でも大切なことなので、色んなところに参加したらいいと思いますね。もちろん学校内に限らずバイトとかでもいいわけですし。

    バイトはお金を稼ぐことが一番の目的ではありますが、お金以上に得られるものが「人との縁」やと思うんですよ。

    僕自身、学生時代に得た財産は「人との縁」でした。

    今後就活を行っていく中で、インターンシップとか就活の最中に新たに知り合う仲間も縁なので、とにかくどんどん人脈を広げていくことは、学生時代にやっといてよかったことになるんじゃないんですかね。

    色んな人に合う中で自分に合うことを見つける

    開發:最後に就活を控えている学生へのメッセージをいただければと思います。

    森本様:そうですね。正直、やりたいことを見つけるのってなかなか難しいと思うんですけど、とにかく色んな人に出会って、色んな人の話を聞いて、その中で本当に自分がやりたいこと、自分に合うことっていうのを見つけてもらいたいなと思います。

    そのうちの一つの手段として当社のインターンバイトで有給インターンシップに参加するっていうのもあるんかなっていう。ちょっともう完全にインターンバイトの宣伝みたいになってしまいましたけど(笑)。

    開發:いやいや(笑)。でもこれが人との縁を築いていく一つのきっかけになったらすごくいいですよね!

    この記事がいいな、と思ったらいいねをしよう!



    シェアもしちゃう?



    記事一覧