• InternViewとは
  • 掲載のご案内
  • インターン生紹介
  • インターン生募集
  • 仕事は“地方の未来”と“じぶんの将来”の交差点にある

    記事概要:

    “共に育つ「まち」を共に創る”を理念として掲げて京都で若者と地域をつむぐ、まちづくり会社「株式会社基地計画」。“人をつくる(人材育成)”ということに力点をおいてまちづくりに取り組む熱い想いを聞いてきました!

    InternViewの本日の突撃訪問者は・・・

    株式会社基地計画

    株式会社基地計画
    ホームページ:http://kichiplan.com/
    アクセス:〒603-8313 京都市北区紫野下柏野町59-13
    役職:代表取締役
    滋野正道(Shigeno Masamichi)

    経歴:地域づくりを始め、NPO、ボランティアなどの社会活動に数多く携わっている。現在は、過疎高齢化が進む京都府北部地域をフィールドに、「若者と地域」をキーワードとして様々な活動に取り組んでおり、独学で習得した広告制作と映像編集のスキルと感覚を活かして、身近な地域から社会をリ・デザインしていきたいと考えている。2015年4月より株式会社基地計画代表取締役に就任。龍谷大学大学院政策学研究科修士課程在学中。

    地域おこしって、どんな活動なんだろう……?

    「田舎」の風景 (私の大好きな「田舎」の風景)

    過疎化、少子高齢化は個人の力じゃ止まらない日本社会の大きな流れです。

    就職活動を間近に控えた(もう始まっているよ! という声があちらこちらから聞こえてきそうですが……)私の周りにも、「地元に帰るか、東京に出るか」の選択肢の中で迷っている友達が何人かいます。

    逆に「地元には帰らない」と断言する声も多く、なるほど地方の高齢化は進む一方なわけだと納得する場面も多いものです。

    私の個人的な願望としては、田舎が無くなるのは寂しいから過疎化は勘弁してほしいのですが(笑)、そんな個人の願望レベルではなく、「まちおこし」に会社として取り組んでおられるところを発見しました!

    それが「株式会社基地計画」様です。

    ということで!株式会社基地計画の代表取締役、滋野様に「まちおこし」に懸ける想いを根掘り葉掘りお聞きしてきました!

    自分の将来と地域の未来

    株式会社基地計画 滋野代表

    川本:「地域おこし」をミッションとされている会社で、お仕事の中心は「大学生(若者)と地域を繋ぐ」ことだとお聞きしました。

    そのためのプログラムを企画、運営されているということですが、企画をつくられる中で大切にされていることはあるのでしょうか?

    滋野様:そうですね。僕の作るプログラムに必ず要素として入れているのが「“自分の将来”と“地域の未来”」の2つの軸です。

    川本:“自分の将来”というと、プログラムに参加する人は必ずしも地域で何かをしたいという人ばかりではありませんよね?

    それを地域で何かするように働きかけるということですか?

    滋野様:いえ、そういうことではなくてですね。素直に「自分は何がしたいのか」という“自分の将来”について考えられるようなプログラムを作っています。

    もちろん、事業の最終的な目的は「地域おこし」ですが、プログラム参加者には自分の生きたいところ、暮らしたいところで活動してほしいと思っているんですよ。

    それに、例えプログラム参加者が最終的に選ぶ活動の場が海外であっても、プログラムの目的は達成できると思っています。

    例えば、「いなか留学」で京都の北部に2週間滞在して、地域の人と出会って、そこのことをたくさん知って、すごく好きになってくれた参加者いたとします。

    その人がいろんな事情で最終的に海外に住むってことになったとして、「私昔京都に居てね、京都の北部で2週間過ごしたことがあるんだけどね、本当にいいところだったよ」というようなことを、隣近所の人に言ってくれれば、それも一つの地域おこしなんじゃないかなって。

    そうやって、濃い体験に基づいた深い情報を広めていくことも、まちづくり・地域おこしの一つの形だと僕は思っています。

    川本:なるほど。地域に残る人だけが地域おこしをしているわけじゃないんですね!

    滋野様:そうですね。でも、もちろんそれだけで地域が元気になるほど現実は甘くないので、プログラムには“自分の将来”だけでなく “地域の未来”という軸も必ず入れるようにしています。

    どういうことかというと、今、大きな社会の流れとして「人口減少」「少子高齢化」などが起こっていますよね。

    そんな社会の中で、自分はどんなポジションでどんな仕事をして生きていくのか、ということを考えることが大事だと思っていて。

    常に社会の動きと、自分の在りたい生き方とでも言うべきものを照らし合わせながら、その時々の状況の中で「今やりたいこと」を考えて実行していく人たちが増えていったらいいなって思いながら活動しています。

    結局はそういう人たちを増やすことがまちづくりなのかなあという感覚がありますね。

    「自分自身がやりたいこと」と「外から求められていること」の2つのバランスを取ることが大事で、それが僕たちの仕事です。そんなことを、関わる方々には様々なプログラムを通して学んでほしいですね。

    求めるのは持続可能な“人づくり”の仕組みづくり

    京都わかもん会議の集合写真 (京都わかもん会議の集合写真)

    滋野様:もう一つ、僕が力を入れている事業に「京都わかもん会議」いうプログラムがあります。

    京都市内のユースホステルに35歳以下の京都に縁のある「わかもん」が集まって、京都の未来や自分の将来について熱く語り合う会なんですけど。

    そこで京都の北部の人と京都の南部の人が繋がって地域の資源を活かすような新しい事業を始めたということがありました。

    川本:運営されるプログラムの中で新しい事業が生まれたということですよね。さらっとおっしゃいましたけど、それってすごいことですよね!?

    滋野様:そうなんですよ。僕も、地域に関わる新しい事業が生まれたということは本当にすごいことだと思っていて。

    でも、僕が仕事をしていて目指しているのは、実はそういう事業、仕事が生まれるような場をもっと生んでいきたいってことなんですよね。

    というよりもむしろ、新しい事業が生まれ続ける仕組みをつくりながら、継続して支援や共感の集まる仕組みまでつくらないと、ダメなんだろうなと思っていています。

    川本:仕組み、ですか。

    滋野様:例えばさっき「京都わかもん会議」で地域の資源を活かす新たな事業が生まれたって言いました。でも、言ってしまえば、それはその時の「京都わかもん会議」に来た人たちがたまたま始めたことなんですよ。

    もちろん、「勝手に始まる」ことは素晴らしいことで、とても嬉しいことです。

    ですが「京都わかもん会議」はそのような地域の資源を活かす事業を生む場であり続けないと意味がないんですよ。そのための仕組みづくりが必要だなと思っています。

    川本:なるほど!

    滋野様:そうすると、ただ単に話せる場をつくっているだけがゴールではないんです。

    川本:そういえば、株式会社基地計画様のプログラムはほとんどが対象年齢が35歳以下を中心とした若者が対象になっていますよね。何故、35歳で区切っていらっしゃるのでしょうか?

    滋野様:何回か触れましたが、今日本は「少子高齢化社会」と言われていますよね。

    つまり、日本の人口は年配の方が多くて、若者が少ない。逆ピラミッドの構造なっているんですよ。その逆ピラミッドの中で僕らは数の論理で年配に比べても小さく弱い存在です。

    だからこそ年配の方とは、若者が頑張ってもがいている姿を見てもらいながら、暖かい目で見守っていただきながらも、その姿を見て、時には投資や支援、共感から一緒に社会をよくすることに取り組んでいきたい、と考えています。

    でも、応援してもらうってことは、「こういうことをしたいから、一緒にやりましょう」ということを、しっかり持って、かつ力を込めて伝えないといけないと思っていて。

    この「京都わかもん会議」の目的って、参加者同士が話す中で「もしかしたらこれ仕事になるかも」とか、「京都でこんなことできるかも」、「起業できるかも」というようなことを生み出すことなんです。

    そして、その場で若い人たちが出したアイデアに対して、行政だったり企業だったりという年配世代の人たちが、「それなら、その事業に対して投資しましょう」となるような仕組みを作りたいんです。

    川本:すごく大きなところを見据えてのお話ですね!

    滋野様:そうですね、すごく大きな話ですけどね。でも、そこまでしないと開催する意味がないと思っているんですよ。

    ただ単にイベント的に「楽しかった」で終わるものでは意味がない。そうじゃなくて、本当にここに価値があるなって思っているからこそ、それを根付く形を模索していきたいと考えています。

    毎年夏になったら「いなか留学」があって、毎年30人くらいがそれぞれの京都府北部の地域に意欲を持って集まってきてくれています。

    そこですごく濃い関係が作られて、またその後輩を連れてきてくれたりとかしながら、常に京都府北部で地域の方と大学生との出会いの場が作り続けられていく。

    そして、「京都わかもん会議」でも、京都の中で色々な活動や仕事を始めていく若者が輩出され続けていく。そんな仕組みを作っていきたいですね。

    川本:そんな仕組みが作れれば、それは本当に素敵なことですね! “人づくり”が地域おこしであるということも、わかるような気がします。

    今度、私もぜひ株式会社基地計画様のプログラムに参加してみたいと思います。

    本日はありがとうございました!

    この記事がいいな、と思ったらいいねをしよう!



    シェアもしちゃう?



    記事一覧