• InternViewとは
  • 掲載のご案内
  • インターン生紹介
  • インターン生募集
  • 内装デザインから施工までを一括でする一人工務店。彼が描く理想とは

    記事概要:

    「内装デザインから施工までを一括でする工務店」を個人事業として一人で営まれている大木脩さん。デザインから施工までを一括でするスタイルの裏にはどのような想いがあるのでしょうか。ズバリお聞きしてみました!!

    InternViewの本日の突撃訪問者は・・・

    L-lab(エル‐ラボ)

    L-lab(エル‐ラボ)
    ホームページ:https://www.facebook.com/livescreate/
    役職:ライフディレクター
    大木脩 (Oki Syu)

    経歴:小学校4年生で電動工具デビュー。県立高岡工芸高校卒。高校時代は写真部、クラフト(工芸)部に所存し、帰宅後は自分の部屋の家具などのものづくりをする日々を送る。2016年2月29日、京都にて一人工務店を開業。現在は京都産業大学に在籍する傍ら、内装デザインから施工までを一貫して担う同店で「ライフディレクター」として活動中。

    したいことは、デザインというツールを使って「生活を繋ぐ」こと

    前回の記事はこちら!:若干二十歳の大学生が自営で工務店開業!? 彼をそうさせたものとは

    川本:現在、工務店事業の「内装デザインから施工まで」という幅広い分野を一人で担われているわけですが、全てを一括ですることに何かこだわりはおありなのでしょうか?

    大木様:実を言うと将来的にはデザインと施工は別の人がやれるようにしたいと思っています。

    今は僕がデザインから施工まで全部一人でやっているんですけど、僕自身が本当にやりたいことは、デザインの部分なんですよ。

    だから、その後の施工については、その道のプロに投げられるようになるのが理想ですね。

    つまり、僕が目指しているところは、家を建てたい人と建築家を繋ぐ中間業者のようなイメージになります。

    「家を作りたい」という人が直接建築家のところに行ったら、もちろん家はできますよね。でも、家を作りたい人の中には「こういう家を作りたい」というものが明確にない人も多いと思うんです。

    家には、新築、リノベーション、トレーラー(タイニー)ハウスや山小屋、など色々な形があるんですよね。

    その中から、その人にはどんな家のタイプが合っているのかということを、お客さんと一緒に考えて決めていくようなことをしたくて。

    今は施工をするメンバーが居ないので、前段階としてデザインから施工まで全部一人でしているんですけど、将来的にはデザインの方だけに専念したいですね。

    川本:その人に合った家のタイプやデザインを提案するというようなことなのでしょうか。そのようなことをしたいと思われたきっかけなどはありましたか?

    大木様:ちょっと話が飛ぶんですけど、僕の家って本当にモノがないんですよ。

    僕の生活には、そんなにたくさんのモノが必要ないし、それが僕の心地いい生活の仕方です。

    そんな生活をしようと思った時に、「じゃあ、最低限必要なものはどんなものなのか」「どんな家に僕は住みたいのか」ということを考えたんです。

    自宅兼事務所でお話しくださった大木様 (自宅兼事務所でお話しくださった大木様。ご自身もおっしゃるように、ものすごくシンプルなお部屋でした。)

    そうやって自分自身の暮らし方を考えていくなかで、人間の生活の「何を食べるのか」「どんな働き方をするのか」等の中の「どんな暮らしをするのか」「どんな家に住むのか」という「住」の分野に興味を持つようになって。

    その分野の本を読んだり、自分の生活で実験的に実践してみたりするようになりました。

    そうするうちに「自分のやりたいことはこれだ」って。

    家(建築物)を作る方ではなくて、デザインを通して“生活”を作ることが、僕がしたいことなのだと気づいたんです。

    それ以来、自分のことを「生活を演出する人(ライフディレクター)」って呼んでいます。

    演出って言葉ってすごく、興味深いんですよね。広辞苑によると、

    えん-しゅつ

    1 演劇、映画、テレビなどで、台本をもとに、演技・装置・照明・音響などの表現に統一と調和を与える作業。

    2 効果をねらって物事の運営・進行に工夫をめぐらすこと。「結婚式の−」「−された首班交代劇」

    【演出家】

    「演出1」を専門の業とする人。演出者。

    ってあるんです。

    つまりお客様の人生設計という名の台本をもとに、僕が暮らし方という観点から、表現の統一と調和ができる場所を探し作れればいいなと。

    今はまだそこまではできていないんですけどね(笑)。現実は厳しいです。将来的にはデザインの段階でお客様の意図を引き出して、施工のプロに繋ぐ仲介者でありたいな、と思いますね。

    川本:ご自身の生活の仕方について考えられたことがきっかけだったんですね。

    この記事がいいな、と思ったらいいねをしよう!



    シェアもしちゃう?



    記事一覧