• InternViewとは
  • 掲載のご案内
  • インターン生紹介
  • インターン生募集
  • 仕事にすると嫌になる「好きなこと」は、本当に好きなことではない!?

    記事概要:

    好きなことを仕事にするか、あるいは好きなことは趣味にしておくのが良いのか。UPTORYの歌川貴之さんは、「仕事にしたら嫌いになるってことは、本当に好きなことではなかったということ」と言います。後悔のない職業選択のための極意をお聞きしました。

    InternViewの本日の突撃訪問者は・・・

    UPTORY

    UPTORY
    ホームページ:http://uptory.jp/
    役職:代表
    歌川 貴之(Takayuki Utagawa)

    高校卒業後、一般企業に勤める傍ら趣味でライブハウス等での音楽イベントを開催するも、音楽業界への憧れが強くアーティストマネージャーに転身。その後、自身の原体験から、職業インタビュー番組を配信するUPTORYを創業した。現在は創業社長として「働くことの悩み」を解決するため、職業情報を発信している。企業向けにはWEBデザインや販促用のコンテンツ、オウンドメディアを制作中。

    職業を選択する基準は?

    転職という選択も徐々に当たり前になりつつあり、「就職活動で人生が決まる」というほど大げさなことでもなくなってきています。

    とは言え、後悔のないファーストキャリアを選びたいということで、就職活動を前にすると職業選択に迷いますよね。

    「自分にはどのような職業が向いているのかわからない」という迷い方ももちろんあります。

    でも、「何を大事にして職業選択をすればいいのかわからない」という迷い方もありますよね。

    「何を大事にするか」ということは、「働く」を考えていく中で一度は考えてみたいことです。

    好きなことを仕事にする、好きなことを趣味でするために仕事をする、好きではないけど得意なことを仕事にする、あえて自分に足りていない領域を仕事にして成長を目指す……。色んな可能性がありますよね。

    自分にとって何が大事な要素なのかを考えるためには、既に働いていらっしゃる社会人から色んなお話を聞くことがヒントになるはず

    今回お聞きしたのは、職業情報の発信等をされている「UPTORY」代表、歌川貴之さんです!

    好きなことは意識化されにくい

    川本:歌川さんは、大学講師としても学生の職業選択をサポートされているということですが、どういうことを大切に選択してほしいと思ってらっしゃるのでしょうか?

    歌川:まず、大前提として後悔しない選択をしてほしいということがあります。自分が、新卒時の職業選択で後悔しているので、同じような後悔をする人を減らしたいと思っていて。

    UPTORY:歌川代表

    なので、後悔しない職業選択のために、学生には自分の経験を含めた「情報」を伝えるようにしています。

    川本:「後悔しない職業選択」がキーワードになりそうですね。何かそのために学生に勧めていることなどはありますか?

    歌川:面談形式で学生と接しているのですが、その最初に「現状の把握」っていうのをしてもらっています。普段自分が何をしているのかということを全部書き出した上で、何にどれくらいの時間をかけているのかということを整理してもらっているんです。そうやって、まずは自分自身を見てもらうことが大事だと思っています。

    川本:普段の行動を振り返ることが、職業選択にとって大切だということですか?

    歌川:そうなんです。例えば、「話すのが好きだから営業職に就きたい」と言っている人がいるとします。その人が今言ったように自分のしていることを書き出してみると、実は「話している」時間よりも、家でもくもくと1人の作業――洋服を作るなど――をしている時間の方が長かったということもあるんですよ。

    自覚している好きなことと、実際に多くの時間を費やしてやっている事がきれいに一致しないんですね。そんな時に、本当にそのまま営業職を目指していいのかという話です。それよりも、1人でもくもくと作業するような仕事の方が向いているかもしれない。

    そういうことを考えるために、「無意識でやっていることを意識化しましょう」っていうのがこの「現状の把握」です

    川本:無意識でやっていることの意識化、ですか。

    歌川:よく学生に言うことなんですけど、「無意識でしていることが自分のできること、できることが好きなこと、好きなことが得意なこと」だと僕は考えています。そういう「無意識でやっている、本当に好きなこと」ことを仕事にした方が後悔しないというのが僕の持論です

    「僕はこうしたい」ということを明確に言っている人でも、よくよく話を聞いていると「本当にそれが好きなの?」となることはよくあります(笑)。

    好きなことを仕事にするか否か

    川本:つまり、「無意識でやっている、本当に好きなこと」を仕事にすれば後悔しないということでしょうか?

    歌川:そう言っていいと思います。

    川本:よくある議論で、「好きなことを仕事にしたら嫌いになる」というものがありますが……?

    歌川:それは、僕から言わせれば、本当に好きなことを見つけていないんですよ。

    川本:と言いますと?

    歌川:先程から言っている「現状の把握」ができていないから、本当はそこまで好きではないことを「好きなこと」だと思い込んでしまってるということです。きちんと「現状の把握」をして明らかになった「本当に好きなこと」であれば苦にならないはずですから。

    川本:つまり、仕事にして嫌いになってしまう「好きなこと」は、本当に好きなことではないということですか?

    歌川:そういうことです。「好きなことを仕事にしたら嫌いになった」というのは、自分の本質的なところをきちんと理解できていなかったということなのだと思います。

    まさに、先ほど例に上げた「実はもくもくと作業している時間の方が長い、営業職に就きたい人」は、実際に営業職に就くと話すことが嫌いになる可能性が高いんですよ。そして「何かが違う」と自分の職業選択を後悔することになりかねません。

    UPTORY:歌川代表

    だからこそ、そういう後悔をしないためにも「現状の把握」をして「本当に好きなこと」を見つけることが大切なんです。

    川本:なるほど。確かに、趣味レベルで楽しみたい「好きなこと」と、仕事にしたい「好きなこと」では、好きの次元が違うのかもしれませんね。そうなると、仕事にできるほど「本当に好きなこと」を見つけることがとても大切なことになりそうです。

    「好きなことを仕事にするか、好きなことは趣味にしておいて仕事は全く違うことをするか」という問いは、多くの人が持ったことのあるものだと思います。私も、色々な方の様々な意見に出会ってきましたが、「仕事にしたら嫌いなってしまうようなことは本当に好きなことではない」というお話は初めてでした。

    「今、自分が好きだと自覚していることは、本当に好きなことなのか」を考えることもまた、「働く」を考える上で一つの切り口になると思います。「働く」を考える新たな視点をありがとうございました!

    この記事がいいな、と思ったらいいねをしよう!



    シェアもしちゃう?



    記事一覧